拒絶理由に対する対応はお任せください

弊所で出願されていない方でも、意見書作成など拒絶理由通知への応対をいたします!

商標出願・登録の代行なら、年間1,000件を超える出願を代理するJAZY国際特許事務所へ!

商標登録の専門サイト

商標の流れ 商標の費用 商標調査を依頼

商標登録を理解しよう

拒絶理由通知について

拒絶理由通知とは

拒絶理由通知とは、特許庁へ出願した商標に対し今のままでは商標権を付与することは出来ないという内容で特許庁から送られてくる通知です。商標権の取得をご希望される場合は、この通知があった日から40日以内に特許庁に対して意見書などを提出する必要があります。事前の商標調査をせずに出願手続きをする場合は、拒絶理由通知が来る可能性が高くなります。
特許事務所によっては、調査を省略する事務所もありますので、その点は注意しなければなりません。
もちろんJAZY特許事務所では、商標調査を行います。

拒絶理由通知を受ける可能性

商標調査をきちんとしてくれる特許事務所に商標登録を頼んだ場合、拒絶理由通知が来ないか、もしくは拒絶理由通知を受けたとしても致命的ではないことが多いです。

拒絶理由通知が送られてきた場合の対処方法

意見書、補正書の提出
意見書や補正書で補正することにより、出願した商標が拒絶理由には該当しないことを説明致します。

3,000人以上が購読中!

3000人以上が購読中!

「商標権の活用方法」「自分で商標登録する方法」など、商品やサービスになくてはならない
ブランドづくりの礎となる商標についての役立つ知識を、不定期で配信しています。

「お名前」と「メールアドレス」を登録するだけで購読できます。

お名前

メールアドレス

商標登録が分かる!商標登録ガイド

商標登録ガイド 一覧に戻る

まずは簡単な検索から、という方はこちら!

あるなし!?商標検索

すでに、商標登録をお考えの方はこちら!

商標登録出願

正式なご依頼は、担当者からの説明・確認後なので安心!お気軽にお申し込みください。

最上部へ

無料厳密調査を依頼

お電話でのご相談も受け付けております。