商標の流れ 商標の費用 商標調査を依頼

商標用語辞典「マ行」

無効審判

本来、登録されるべきでなかった特許や商標を無効にするため、特許庁に請求する審判である(特許法第123条、商標法第46条)。無効理由はそれぞれの法律に定められており(特許法であれば、新規性や進歩性等がないこと)、無効審判を請求すると特許庁の審判官が裁判のような厳正な審理を行う。そして、無効にすべきであるとする審決(無効審決)が確定した場合は、通常、権利は初めからなかったものとみなされる。なお、無効審決に不服がある場合には、審決取消訴訟を提起することができる。

商標用語一覧へ