商標の流れ 商標の費用 商標調査を依頼

商標登録の出願に関するQ&A

「拒絶査定不服審判」ってなんですか?
拒絶査定不服審判とは、審査の結果として拒絶査定がなされた場合に、商標権の取得のために特許庁に対してお客様がとることのできる対応のことです。拒絶査定とは、拒絶理由通知に対するお客様の反論等に特許庁が納得しなかった場合に送達される、とりあえずの最終決定です。お客様は、拒絶査定の謄本が送達された日から30日以内に拒絶査定不服審判を請求する必要があります。当事務所では、このような特許庁への対応についても成功報酬型で承っております。

よくある質問一覧に戻る