商標登録できないもの

登録することができない商標

商標は出願すれば必ず登録されるわけではありません。特許庁の審査官によって、登録できるか否か(拒絶理由に該当するか否か)が判断されます。 主として、下記のような商標は登録が認められません。
登録することができない商標・商標としての識別力(特徴)がない商標 ・先に登録されている商標と紛らわしい商標 ・公益に反する商標

商標としての識別力(特徴)がない商標(積極的不登録事由)

例えば、下記のような商標は「識別力(自他商品・役務識別機能)がない」と判断されるので、デザイン文字化・ロゴ化しないと原則として登録が認められません。

普通名称(商標法第3条第1項第1号) 普通名称とは、その商品・役務(サービス)の一般的な名称であると意識されるに至っているものをいい、その略称や俗称も普通名称として扱われます。 (普通名称の例) ・指定商品「時計」について、商標「腕時計」 ・指定役務「航空機による輸送」について、商標「空輸」 ※指定商品「りんご」について商標「APPLE」は普通名称に該当しますが、指定商品「電子計算機」について商標「APPLE」は普通名称には該当しません。

慣用商標(商標法第3条第1項第2号) 慣用商標とは、もともとは識別力があったものの、同種類の商品・役務について同業者間で普通に使われるようになったことで「識別力」が失われてしまったものをいいます。 (慣用商標の例) ・指定商品「自動車の付属品」について、商標「純正」 ・指定役務「興行場の座席の手配」について、商標「プレイガイド」

記述的商標(商標法第3条第1項第3号) 記述的商標とは、商品の産地・販売地、品質、役務の提供の場所、質等を表示するに過ぎないものをいいます。 (記述的商標の例) ・指定商品「バスクリスタル(入浴剤)」について、商標「疲労回復」 ・指定役務「語学の教授」について、商標「冬休み講座」

ありふれた氏・名称(商標法第3条第1項第4号) どの程度のものが「ありふれた」となるかは、個別具体的に判断されます。 (ありふれた氏の例) ・伊藤 ・ヤマダ (ありふれた名称の例) ・佐藤商店 ・田中研究所

極めて簡単でありふれた商標(商標法第3条第1項第5号) (極めて簡単でありふれた商標の例) ・ローマ字の1字又は2字からなるもの ・仮名文字1字 ・ローマ字の1字又は2字の次に数字を組み合わせたもの(ex. A2、AB2) ・1本の直線、波線

需要者が何人かの業務に係る商品・役務であるかを認識することができない商標(商標法第3条第1項第6号) (需要者が何人かの業務に係る商品・役務であるかを認識することができない商標の例) ・一般的に用いられる単位を表示する商標(ex. メートル、グラム) ・構成に特徴がない単なる地模様 ・店名として多数使用されている商標(ex. 指定役務「アルコール飲料を主とする飲食物の提供」について、商標「ゆき」)

先に登録されている商標と紛らわしい商標(相対的不登録事由)

先に登録されている商標と同じ・似ている商標は、指定商品・役務も同じ・似ている場合は、登録できません(商標法第4条第1項第11号)。

商標法では、原則として「早いもの勝ち」のルールが採用されているからです(商標法第8条:先願主義)。

(商標が似ているか否かの判断) 基本的には、外観・称呼・観念の3要素などを総合的に観察して判断されます。 <外観:商標の見た目> 例えば、「Japax」と「JapaX」は外観が類似します。 <称呼:商標から生じる発音> 例えば、「バーテラックス」と「バーデラックス」は称呼が類似します。 <観念:商標から生じる意味合い> 例えば、「りんご」と「APPLE」は観念が類似します。

(指定商品・役務が似ているか否かの判断) 「類似する商品・役務」とは、同一・類似の商標を使用した場合に、需要者が混同を生じるおそれがある商品・役務のことをいいます。 原則として、特許庁が公開している「類似商品・役務審査基準」に則って類否が判断されます。

公益に反する商標(絶対的不登録事由)

商標としての識別力を有する商標であっても、公益に反すると考えられる商標は登録できません。

(公益に反する商標の例) ・国旗(外国の国旗を含む)、菊花紋章と同一又は類似する商標(商標法第4条第1項第1号) ・公序良俗を害するおそれがある商標(商標法第4条第1項第7号) 例えば、きょう激・卑わい・差別的・不快な印象を与える文字や図形、他の法律で使用が禁止されている商標、国際信義に反する商標は登録できません。 ・商品の品質・役務の質について誤認を生じるおそれがある商標(商標法第4条第1項第16号) 例えば、指定商品「そばの乾麺」について商標「ABCうどん」は登録できません。