特許庁が中国、韓国、台湾などの知財情報データを公開

知財情報の不足が、海外展開の障壁に

海外展開

こんにちは。
JAZY特許事務所・弁理士の河合光一です。

アップル、グーグル、サムスンの知財攻防が激しいですね。この紛争によって改めて知財の重要性を感じた方も多いのではないでしょうか。

海外へ事業展開する場合、入手した知財の情報量が成功を左右するといっても過言ではありません。

とはいえ、中小企業には知財部などの専門部署がないことも多く、海外の知財情報が不足し、海外展開のネックになっているものと思われます。

特許庁が新興国の知財情報を提供

中国大陸

特許庁も中小企業の知財関係の情報不足を問題視しており、「新興国等知財情報データバンク」を公開しました。

https://www.globalipdb.inpit.go.jp/

未完成の部分もありますが、中国、韓国、台湾の法律や判例、統計情報などをすべて無料で見ることができます。

知財実務に関わる情報は知識がないと活用することは難しいですが、各国の統計情報は経営判断に役立てたいところです。

例えば、中国の出願は、特許、実用新案、意匠、商標すべてが伸びていることがわかります。

特許実用新案意匠商標
2006年210,490161,366201,322766,319
2007年245,161181,324267,668707,948
2008年289,838225,586312,904698,119
2009年314,573310,771351,342830,477
2010年391,177409,836421,2731,072,187

中国:出願合計件数(年次)
※商標出願件数は、マドプロ出願を含む。

出願数の増加に伴い、知財訴訟も活発になっているのでしょうか?
その件数も公開されています。

分類民事事件刑事事件行政事件
年度受理件数審結受理件数審結受理件数審結
2006年商標権案件2,52114,0562,2492,2771,3961,436
専利権案件3,196
著作権案件5,719
技術契約案件681
不正競争案件1,256
他の知的財産案件846
受理合計14,219
2007年商標権案件3,85517,3952,7202,6841,001947
専利権案件4,041
著作権案件7,263
技術契約案件669
不正競争案件1,204
他の知的財産案件845
受理合計17,877
2008年商標権案件6,23323,5183,3553,3261,0741,032
専利権案件4,074
著作権案件10,951
技術契約案件623
不正競争案件1,185
他の知的財産案件1,340
受理合計24,406
2009年商標権案件6,90630,5093,6433,6602,0721,971
専利権案件4,422
著作権案件15,302
技術契約案件747
不正競争案件1,282
他の知的財産案件1,967
受理合計30,626
2010年商標権案件8,46041,7183,9422,5902,391
専利権案件5,785
著作権案件24,719
技術契約案件670
不正競争案件1,131
他の知的財産案件1,966
受理合計42,931

中国:訴訟統計(年次)

ものすごい伸び率ですね!
中国企業の知財に対する意識の高まりが数字にはっきりと表れています。
当然、日本企業もターゲットにされるわけなので備えが必要です。

中国出願件数の多い国を見てみましょう。
日本企業は知財の重要性をわかっているようですね。無防備では安心してビジネスができません。

2010年
専利(特許・実用新案・意匠)商標
順位国名出願合計
件数
国名合計件数
1日本38,241アメリカ23,346
2アメリカ28,636日本20,021
3ドイツ11,297イギリス6,614
4韓国8,782ドイツ6,333
5フランス3,994韓国5,688
6オランダ3,329オーストラリア3,295
7スイス3,067バージン諸島3,077
8イギリス2,087フランス2,880
9スウェーデン1,996イタリア2,084
10イタリア1,627スウェーデン1,902

知りたい情報のリクエストに対しては「必ずご希望に添えるとは言いかねますが、最大限の努力をさせていただきますので、お問い合わせ・ご意見からリクエストをお寄せ下さい。」とのこと。
他の国の情報も随時DBに追加していくようです。

「新興国等知財情報データバンク」が積極的に活用され、海外で成功する日本企業が増えることを期待しています。

あるなし商標検索バナー